本文へ移動

錬成大会物語

第38回中学生夏期卓球錬成大会 開催!

8/1(木)松江市総合体育館(メインアリーナ)

大会は『Kさん』と一緒に!
今年も
ワダ卓球主催『中学生夏期錬成大会』が開催されました。
暑い中みな一生懸命に頑張りました!
大会の結果を《大会上法》に掲載しました!
 
 

38回中学生夏期卓球錬成大会の結果

1年男子1位トーナメント

優勝

1年男子1位トーナメント

第二位

1年男子1位トーナメント

第三位

1年男子1位トーナメント

第三位

2年男子1位トーナメント

優勝

2年男子1位トーナメント

第二位

2年男子1位トーナメント

第三位

2年男子1位トーナメント

第三位

1年女子1位トーナメント

優勝

1年女子1位トーナメント

第二位

1年女子1位トーナメント

第三位

1年女子1位トーナメント

第三位

2年女子1位トーナメント

優勝

2年女子1位トーナメント

第二位

2年女子1位トーナメント

第三位

2年女子1位トーナメント

第三位

1年男子2位トーナメント

優勝

2年男子2位トーナメント

優勝

1年女子2位トーナメント

優勝

2年女子2位トーナメント

優勝

1年男子3.4位トーナメント

優勝

2年男子3.4位トーナメント

優勝

1年女子3.4位トーナメント

優勝

2年女子3.4位トーナメント

優勝

子供たちの応援団長『Kさん』

永遠の応援団長『kさん』を偲ぶ。

錬成大会のプログラムに自作の『書』を毎年掲載して下さったり、大会の司会をして盛り上げて下さった『K』さんが、2015年の2月に亡くなられました。
Kさんとの出会いは約30年も前になる。
自分の子供だけでなく、卓球を目指す子供たち皆を精一杯応援して下さった。ある時は錬成の卓球教室で、またある時は学校や施設の練習場で、多球練習、試合など頑張る子供たちを助けて下さいました。
全国大会に出場するときには、駅まで来てタスキにハチマキ、応援扇子で大応援を繰り広げて下さった!
Kさんの大応援に送られて出発した子供たちは数多い。自分の子供を応援される父兄は多いが、自分の子供が卒業してからも次から次に頑張る子供たちを心から応援された、まさに子供たちの永遠の『応援団長さん』だったKさん。合掌。

『錬成』のポリシー

『好きな事こそ一生懸命』

すきなことこそ一生懸命!
ワダ卓球の道場に掲げられている大きな書
『好きな事こそ一生懸命』
豪快なその作品の作者は、以外にも華奢な女性の書道家で、錬成大会の生みの親であるT先生の奥方K枝さん
力強く、勢いのあるその書は、選手たちにに勇気と元気を与えてくれる素晴らしい作品。
まさに錬成のポリシーそのものだ

M子先生手作り♪

待望の錬成大会のキャラクター完成!

ワダ卓球のマスコット【ピン吉くん】
錬成大会を毎年応援してくださるM子先生。
先生手作りのワダ卓球のキャラクター【ピン吉君】が完成しました!
M子先生は、バレーボールが専門にもかかわらず、学生時代にK先生の教え子だったために、不運にも(?)卓球部の顧問を任された経験の持ち主。M子先生とはそれ以来の長いお付き合いになる。

全国をめざす!

全国をめざす懲りない面々①

一に卓球、二に卓球・・・
忘れてならないのは、K先生の登場。
K先生の専門は美術。卓球の経験はほとんどないが、知らないことへの≪謙虚な姿勢≫が人並み外れてスゴイ人だ!学ぼうとされるその意欲は今まで出会った顧問先生の中でもピカイチだ。そして子供たちをグングン上達へと導かれた。
自分の学校だけでなく、他の多くの学校の卓球部にも声をかけて一緒に練習会を開催された。それまでは自分の学校を強くするために頑張られる先生は多かったが、他の学校も一緒に強化しよう!と言う先生に出会ったのは初めてだった。先生の努力が顧問先生の『やる気』を触発、熱心な顧問先生の輪が広がって行った!

卓球選手のために!

【第三話】子供たちの応援団長!

フレーフレー♪
卓球教室で出会った《K》さん。卓球にかける情熱は勿論だが、自分の子供だけでなく、卓球選手たちに並々ならぬ情熱を注いでくれる人だ。練習から大会まで、また県外に出場する子供たちを駅まで見送り大応援を繰り広げて下さり、その大迫力は子供たちの顔が赤くなるほど!まさに一生懸命の権化のような人物で、子供たちの《応援団長》である!

『書』の達人に出会う!

[第二話] 錬成大会のために!

錬成大会のプログラムには、毎年『書』が掲載されている。しかも心にしみ込む文章で。
この書を作成して下さっているのが《Kさん》だ。
KTさんとの出会いは、当時、和田が事務局長をしていた卓球連盟主催の卓球教室をKさんが
受講されたときにはじまる。
(つづく)

中学生夏期卓球錬成大会

[第一話] 第2回目に存続の危機!

T先生
今年で33回目を数える【中学生夏期卓球錬成大会】は実は第2回目から存続の危機を迎える事になった。
中学校の熱心な顧問先生の熱意で開催した錬成大会だが、2回目の夏、主催者である和田が急きょ入院、手術する事になった。
第1回より沢山の申し込みがきたもかかわらず、大会の準備が出来なくなったのだ。さてどうしたものか・・・と頭を抱えていたところ、発起人のTH先生とそれを見かねたKN先生の二人が組み合わせから準備までのすべてを手伝って下さった。まさに天の助けだった!
(つづく)
★ご注意
この《錬成大会物語》にはしばしば『アルファベット個人名』が出てきます。登場人物の名前もぜひチェックしておいて下さい♪
ワダ卓球
〒690-0017
島根県松江市西津田6-11-22
TEL.0852-25-4132
FAX.0852-25-4136

────────────────
卓球専門店&卓球場
●営業時間/AM10:00~PM7:00
●定休日/水、木曜日
《卓球台を4台常設 駐車場完備》

────────────────
TOPへ戻る