本文へ移動

卓球ってどんなスポーツ?

卓球はおもしろい♪

『卓球』はチェスをしながら100m走をする競技。

『卓球は、チェスをしながr100m走をする競技』
国際卓球連盟会長の故荻村伊智朗氏の名言。
卓球は、2.74mの小さな卓球台をはさんで相手と打ち合います。
ボールは40mmのプラスチック製、サービスは2本交替で11点を先にとったほうが勝ち。
足が速いだけでは勝てない。そこにはチェスを指すような綿密な戦略が必要とされる。まさにそれは台上の頭脳の格闘技!
 

ダブルスは面白い♪

楽しいよ♪
一人一人が戦う個人戦と違って、【ダブルス】はパートナーとの共同作業、お互いが相手のために頑張る競技です。力を合わせて戦うと、強い相手に勝つこともあります!だからうまくいったときには何倍もうれしい、楽しい競技です!友達同士でダブルスをやってみよう!

ゲームをやろう!

『試合をやってみよう!』

たくさん練習すると『試合』がやりたくなります。覚えてことが身についているか?試してみると卓球がもっと面白くなります。
まずは、ジャンケンで『サービス』『レシーブ』を決める。サービスは2本ごとに交代。公式の試合は5ゲームズマッチ、先に3ゲームをとったほうが勝ち!

卓球を好きになって強くなってもらうために!

運動が苦手な人でも大丈夫!

やったあ♪
卓球やろうよ! 
走るのが苦手な人、泳ぐのが苦手な人、また鉄棒の逆上がりがうまく出来なくても大丈夫!
卓球は、正しい練習をやればやるほど上手くなります!
上手くなると⇒楽しくなる⇒自信が生まれる。⇒『やればできるんだ!』と思えるようになる。
これこそ『やれば出来る!』魔法のスパイラル♪
さあ明日から【卓球】を始めましょう!

★目標を設定しよう!

目標を決めよう!
まず自分の【目標】を設定しよう!
1カ月先、2か月先、また練習試合や、大会などを目標にすると良い。
1年生なら、それまでに卓球の基本技術をしっかり練習する。それと試合はまず『サーブ』からはじまるので、『サーブ』がミスなく出せるように練習する事。練習の成果を試すチャンス!さあ頑張ろう!
 

★基本の技術を習得する。

7.8.9.10...
★ミスなく何球でも打てるように。
①フォア打ち=フォアで何本でも続くように練習する。
②バック=バック側で同じように続ける。
①と②が出来たら、球質を変えて(上回転、下回転)同じように続ける。
★次はコースをかえて続ける練習をする。
これも最初は、30回位を目標にして、それが出来たら今度は50回、100回と目標を上げていく。
ひとつひとつの練習をクリアしたら【達成感】が生まれてくる♪(これがポイント!)
      

★ゲームをやろう!

(^_^;)
 基本がしっかり練習出来たら、今度はゲーム(試合)をやってみよう!
基本をしっかり練習したのにボールが思い通りのところに返って来ないと言う現実に出会うはず。
『なんでこうなるの?』が頭の中を行ったり来たり。相手が変われば球質や戦い型がちがい、試合は思い通りにいかないのが普通です。
でも正しい基本をしっかり覚えないと、上達は望めません。
基本と試合の2本立てで、一歩一歩上達の道を歩く事が出来ます!
 

★自分を良く知ろう!

!
試合をやってみると、自分の弱いところや練習不足のところがわかる。
今度は、ミスの多いところに重点を置いてしっかり練習していく。
つまり、上達するにはまず自分を良く知る事!そのためには、『卓球ノート』をつけるといいよ!

自分の得意ワザを究めよう!

自分独自の【必勝法】を作ろう!

必殺○○の術!
卓球ノートを記録している人は、自分が何で得点して、何でミスをするのかわかってきたと思う。
今度は、得意な技を生かす【『必勝のパターン』を作っていこう!
たとえばドライブが得意な人は[下回転サーブ]⇒[ドライブ]で攻撃!また、スマッシュが上手な人は[横回転サーブ]⇒[スマッシュ]で攻撃!自分の得意な攻撃のスタイルに持ち込めるように、サービスを工夫する事!それが自分の『必勝パターン』なのだ!
 
ワダ卓球
〒690-0017
島根県松江市西津田6-11-22
TEL.0852-25-4132
FAX.0852-25-4136

────────────────
卓球専門店&卓球場
●営業時間/AM10:00~PM7:00
●定休日/水、木曜日
《卓球台を4台常設 駐車場完備》

────────────────
TOPへ戻る